Daily archives: 4月 10th, 2017

設置する場所の問題

同じようにガチャガチャを導入するにしても、設置する場所によって、集客効果に違いが生じて来ます。店舗にガチャガチャを導入する場合、店内に設置するのが最も一般的な方法です。特に、お客さま用出入り口に設置するケースは多く見受けられます。店舗の出入り口は、「お客さんが来る時も、帰る時も必ず通る」、「店内で待ち時間が発生した場合、長い間滞留する」、「店外を通行する見込み客の目にとまりやすい」などの特徴があり、ガチャガチャの設置場所に適しています。また、出入り口は、レジにも近い場所なので、親が財布を出した時に、子どもが小銭をもらって利用するケースもあるでしょう。

次に、店外に設置する場合、何と言っても、通りすがりの見込み客に発見されやすいというメリットがあります。例えば、道路に面した屋外の場所にガチャガチャを設置すれば、子ども連れのファミリーの目に留まり、家族で来店してくれることもあるでしょう。また、ガチャガチャが置いてあるというだけで、のぼりや看板、電飾などと同じように、お店が繁盛している雰囲気をかもし出すこともできるはずです。その一方で、本体を出し入れする手間暇が発生すること、雨や雪などの天候条件による影響を受けることはデメリットとなるかも知れません。


購入・レンタルの際は

皆さんの中には、ガチャガチャの購入やレンタルを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような場面では、ガチャガチャに関する基本的な知識や、新品・中古品をリーズナブルな価格で販売提供しているショップなどの情報をチェックしておくことも大切です。

ガチャガチャは、ショップの経営者にとって、客数を増やすための効果的なツールと言えます。特に、メインターゲットである子どもに対しては、強い訴求力があります。また、子どもの興味・関心を惹きつけることに成功すれば、それがきっかけとなって、家族で来店してくれることもあり得ます。ガチャガチャは、電源を必要とせず、置きっ放しの状態で収益が発生するアナログの販促ツールで、気軽に、手ごろな費用で導入することができます。

ただ、ガチャガチャを導入する際には、せっかくなので、販促効果が少しでも高くなる場所に設置したいというのが人情でしょう。基本的な考え方としては、「客の目につく場所」、「客が滞留する場所」に設置するのがおすすめの方法と言えます。ガチャガチャは、店内・店外のどちらにも設置することができますが、その内、一般的にポピュラーなのは店内に設置する方法です。

 

関連HP ガチャガチャ・カプセルトイ通販【a-muzu】
巨大ガチャマシンのレンタルを行っているガチャガチャ通販専門のあミューズです。