Category: 未分類

客数を増やすために

ガチャガチャの適切な設置場所は、店舗の種類や間取り、客層、立地条件などによってもさまざまな違いが生じて来ます。したがって、それぞれの適性やニーズ、希望条件に合わせて、適切なポジションを見つけ出すことが大切です。管理に掛かるエネルギーや時間、コスト、見込み客に対するアピールのしやすさを考慮に入れると、店内設置・店外設置のどちらのメリットも活かした方法として、「店外からもガチャガチャのあることが分かるような、店内のどこかに設置する」というのが理想的と言えるでしょう。

そのようにして、ガチャガチャの導入に先立って、本体を設置する場所が決定したら、台数も決めておくと良いでしょう。店舗に設置する場合、現在主流となっているのは上下2段式のものです。設置台数を考える場合、まずは設置する場所を決め、そのスペースに収まる台数を計算してみるのも良い方法です。また、ターゲットとする顧客層も、事前に決めておきたいところです。ガチャガチャのメインターゲットは子どもですが、設置する店舗の種類によっては、対象となる客層が違ってくる場合があります。そして、子どもをターゲットとする場合にも、子どもの性別によって、カプセルトイの選び方に違いが生じて来ます。


設置する場所の問題

同じようにガチャガチャを導入するにしても、設置する場所によって、集客効果に違いが生じて来ます。店舗にガチャガチャを導入する場合、店内に設置するのが最も一般的な方法です。特に、お客さま用出入り口に設置するケースは多く見受けられます。店舗の出入り口は、「お客さんが来る時も、帰る時も必ず通る」、「店内で待ち時間が発生した場合、長い間滞留する」、「店外を通行する見込み客の目にとまりやすい」などの特徴があり、ガチャガチャの設置場所に適しています。また、出入り口は、レジにも近い場所なので、親が財布を出した時に、子どもが小銭をもらって利用するケースもあるでしょう。

次に、店外に設置する場合、何と言っても、通りすがりの見込み客に発見されやすいというメリットがあります。例えば、道路に面した屋外の場所にガチャガチャを設置すれば、子ども連れのファミリーの目に留まり、家族で来店してくれることもあるでしょう。また、ガチャガチャが置いてあるというだけで、のぼりや看板、電飾などと同じように、お店が繁盛している雰囲気をかもし出すこともできるはずです。その一方で、本体を出し入れする手間暇が発生すること、雨や雪などの天候条件による影響を受けることはデメリットとなるかも知れません。


カプセルトイの導入

世の中には、これから、ガチャガチャを導入したいと考えている人も見受けられます。ガチャガチャの購入やレンタルをする場合、基本的な知識や新品・中古品を低価格で販売提供する店舗などの情報をチェックすることも大事になります。ガチャガチャは、店舗のオーナーにとって、効果的な販促ツールですが、とりわけ子どもに対しては、強い訴求力を持っています。ガチャガチャの導入によって、子どもの心をつかめば、後からファミリーで来店してくれる可能性もあります。ガチャガチャの運用には、電源が要らない分だけ、設置スペースを選択する際の自由度が高くなります。また、導入する際に負担するコストが、比較的少なくて済むのも魅力的です。

ガチャガチャを導入するにあたっては、設置する場所にも気を配ることが大切です。基本的に、設置場所としては、客の目に付く場所、滞留する場所がおすすめになります。また、店内・店外のどちらにも設置が可能ですが、よりポピュラーなのは店内設置になります。中でも、客用の出入り口に設置する場合は多く存在します。また、店外に設置する場合、通りかかった見込み客の目にとまりやすいのが最大のメリットです。

このカテゴリーでは、ガチャガチャ(カプセルトイ)に関するさまざまな情報をご提供してまいります。ガチャガチャを導入したいという気持ちがありながらも、設置する場所が決まらないなどの悩みをお持ちであれば、これからご紹介する情報をチェックしてみて下さい。